初めてのマンスリーマンション住まい!事前に知っておきたい住むときの注意点は?

入居審査があまり厳しくない点に注意

賃貸物件を利用するとき、一定の審査を受けます。将来的に賃料を払っていけるかどうか等を中心にチェックされます。保証人などを決めないと利用できないときもあります。マンスリーマンションは、契約によって異なりますが比較的入居のための審査が緩いとされています。一般的な賃貸物件に比べると利用期間が短いからかもしれません。入居審査があまり厳しくないのは、利用する側にとっては助かります。一方で不安な点もあります。それは、利用者は自分だけでなく他にもいるからです。隣や上や下に住んでいる人もあまり厳しくない審査に通った人が利用しています。どんな人が利用しているのかわかりにくい時もあるので、それを前提に利用しないといけません。

同じような建物でも支払い方法などが異なる

一般的な賃貸物件は、地域によって多少契約の仕方が異なるものの大体同じような仕組みで利用できます。最初に初期費用を支払い、それ以降は次月分を先払いして利用します。退去前にはその旨を伝え、原状回復をして引き渡します。一般的な物件より手軽に利用できる点が受けているのがマンスリーマンションです。多くの業者が運営しているので、いくつかの物件を利用するとそれぞれで仕組みが異なる点に気づくでしょう。支払いに関して、前払いの所もあれば後払いの所もあります。前払いをしたとき、月の途中で退去するときに未使用期間を戻してもらえるところと戻してもらえない時があります。水道光熱費の課金方法も異なるので、必ず確認しないといけません。