マンスリーマンションは家具家電付きってほんと!?壊した場合はどう対処する?

家具家電の購入が不要に

引越しは手間もお金もかかる人生の一大事ですが、通常の賃貸物件よりも手軽に、そしてお得に新生活を始められるとして人気を集めているのが、マンスリーマンションです。
マンスリーマンションには2つの際立った特徴があります。1つは、名前からも分かる通り月単位での入居が可能だということです。そのため、一般的な住居としてはもちろん、長期出張時の生活拠点、マイホーム新築・改築時の仮住まいなどさまざまな目的に使えます。
もう1つは、大半の物件が家具家電付きだということです。ベッドやテーブル、ソファなどのほか、テレビ・洗濯機・電子レンジなどの生活必需品があらかじめ部屋に備わっています。食器類などが整っている場合もあるので、初めての1人暮らしでも新たに買い揃える必要がなく、転居に伴う費用を節約することができます。

破損した場合の取扱いは

カバン1つで越してきてもその日から新生活が送れる便利さが魅力のマンスリーマンションですが、初めて利用する人には1つ心配なことがあります。それは、部屋に備え付けの家具や家電を壊してしまった場合はどうするのかという点です。
これについては、取扱いは物件ごとにケースバイケースとなっており、基本的には入居者が補償するか家主側が補償するかのいずれかになります。ただし前者であっても自然な経年劣化によって故障したりした場合は家主が補償することがありますし、後者であっても入居者側に重大な過失があって破損したりした場合は入居者が費用負担を求められることがあるなど、パターンはいろいろです。
こうした場合の対処法は、入居時に示された契約書や説明書などに明記されているので、事前にチェックしておくことが重要です。そして故障や破損が発生したら、すみやかに管理会社等に連絡するようにします。