マンスリーマンションって何?普通のマンションとの違いは?

最低限の家具・家電が揃っています

一人暮らしを始める際には毎月の家賃だけでなく、最初の段階では必要最低限のものをそろえなければいけません。冷蔵庫や洗濯機、テレビなどを買うとなると数万円から十数万円ほどはかかってしまいます。そのため一人暮らしを始めようとしても、気軽に行うことは難しいです。しかしマンスリーマンションであれば、そのような必要になる家具や家電が最初から部屋に備え付けられています。その他にもトイレットペーパーなどもついていたりするので、すぐに生活できる環境が整っています。このようなことから荷物の持ち込みも少なくすることができ、引っ越し作業が簡単です。初めて一人暮らしを行う際に、何を揃えればいいかわからないといった人にもおすすめです。

短期間の暮らしに向いています

マンスリーマンションは短期間向けの賃貸であり、仕事なとで単身赴任するときなどに利用されることも多いです。単身赴任する人などは仕事の関係で頻繁に場所などが変わってしまうこともあり、引っ越し作業もそうですがアパートなどの契約も余計な費用がかかる原因になってしまいます。しかしマンスリーマンションの場合には、契約時の費用も抑えることができます。それは一般的なアパートなどでは敷金や礼金を払わなければいけませんが、マンスリーマンションではそれらが不要であるためです。敷金や礼金は初期費用の中でも大きな割合を占めるものであるので、単身赴任などで住む期間があらかじめ決まっていて、短い期間の場合に有効的な賃貸住宅になります。

マンスリーマンションを中央線(中央本線)沿線で選ぶなら、特急かいじ・あずさや成田エクスプレスが停車する三鷹・立川・八王子といった駅がおすすめです。